2008年08月07日

異様なッパンや

第一条は強化の技術の秘密の権利人(以下が権利人と略称します)正当な権益に対する保護のため、科学技術の進歩を促進して、《中華人民共和国の科学技術進歩法》、《中華人民共和国の不正競争禁止法》とその他の関連の法律、法規によって、当省の実際を結び付けて、当方法を制定します。
  第二条の当方法の量った技術の秘密、技量の権利人の利益、権利を持ってくる人がすでに公衆のために厳格な秘密を守る措置、知っている技術情報をとらなかったので、設計、プログラム、調合指図書、技術、方法、秘訣とその他の形式の技術情報を含んで、商業秘密に属します。
  第三条の当省の行政区域内の権利人の合法的な持つ技術の秘密の保護は当方法を適用できます。国家の秘密の技術の秘密に属して、関連の法律、法規の決まりの実行によって。
  第四条は法律、法規に背いて、国家利益、社会の公共の利益を損なって、公共の道徳の技術の秘密に背いて、当方法に保護するように受けません。
  第5条の省の人民政府の科学技術の行政管理部門は当方法の組織して実施することに責任を負います;市、県(市、区)の人民政府の科学技術の行政管理部門は当行政区域内の技術の秘密の保護の管理と指導に責任を負います。
  第六条の県レベル以上の人民政府の商工業行政管理部門、公安機関は各自の職責によって調査して処分して技術の秘密の行為を侵犯します。
  第七条の科学技術の行政管理部門は権利人の技術の秘密の保護に対する指導を強化するべきで、育成訓練、技術諮問、制度の規格などの方式を組織しますを通じて(通って)、権利人の技術の秘密の保護の意識、能力、レベルを高めます。
  権利人に通るように励まして特許権がその技術の成果を保護することを申請します。
  第八条の権利人は技術の秘密の特徴によって、技術の秘密の保護の管理制度を創立して、健全にして、専任のあるいは兼職する管理人員を配備して、技術の秘密に対して保護して規範化を行って管理します。
  権利人は自分で合法的な保護の措置、手段と方法を選ぶことができて、自分で技術の秘密の密な級の和保護期限を確定して、しかし法律、法規は別に規定のがあって、その決まりから。
  第九条の権利人は当部門にあるいは当部門の協力したのが技術の秘密の関連要員(以下が関連要員と略称します)に関連することと技術を守るのが秘密のように求めて、秘密にする合意を締結してあるいは働いて(招いて任用します)契約(以下が契約に総称します)の中明確に具体的な約束を作り出すべきです。関連要員は厳格に秘密にする合意あるいは契約によって義務を履行することを約束するべきです。秘密にする合意を締結していないであるいは契約の中で約束のを作り出すことがなくて、関連要員は秘密にする責任を引き受けません。秘密にする合意あるいは契約の約束の部分の内容は明確ではありませんて、関連要員はただ明確な内容が秘密にする義務を引き受けることを約束することだけに対して。
  秘密にする合意あるいは契約の約束の関連要員を締結して、契約が停止した後に依然として秘密にする義務のに負けて、書面の約束、双方は秘密を支払って定額がかかって及び協議を行うかどうかことができます。
  第十条の秘密にする合意あるいは契約は下記の主要な内容を明確にするべきなことを約束しま
す:  (1)秘密の対象と範囲;
  (2)双方の権利と義務;
  (3)秘密保持期限;
  (4)違約責任;
  (5)その他の約束しなければならない事項。
  第十一条は下記の状況の1つのがあって、秘密にする合意あるいは契約は自分で停止することを約束します
:  (1)約束の秘密保持期限は満了しました
;  (2)この技術の秘密はすでに公です
;  (3)権利人は秘密にする合意あるいは契約によって秘密費のを支払うことを約束しません。
  第十二条の権利人はと技術の秘密の関連要員が競業を締結して合意を制限することができることを知っています。
  関連要員は厳格に競業によって合意が義務を履行することを約束することを制限するべきです。競業は合意の約束の部分の内容が明確ではありませんことを制限して、関連要員はただ明確な内容が秘密にする義務を引き受けることを約束することだけに対して。
  権利人は競業によって合意が約束(契約)を実行する関連要員に一定の定額の補償金を支払うことを約束することを制限するべきです。

  第十三条の競業は合意が以下の主要な条項を備えるべきなことを制限します
:  (1)競業の制限の具体的な範囲;
  (2)競業の制限の期限;
  (3)補償金の定額と支払い方法;
  (4)違約責任;
  (5)その他の約束しなければならない事項。
  第十四条の競業は合意の約束の競業の制限期限が最も長くて2年を上回ってはならないことを制限します;約束期限の、競業の制限は期限2年です。
  第15条の競業は補償金の標準が権利人と関連要員から協議して確定を制限します。確定していないでの、年度補償金が契約によって停止する前に最後に1つの年度この関連要員の便宜的に取り扱って他人の利益を図る場所は報酬の総額の3分の2計算を獲得します。
  第16条は下記の状況の1つのがあって、競業は合意が停止することを制限します
:  (1)競業の制限は期限満了しました
;  (2)この技術の秘密はすでに公でした
;  (3)法律に基いてあるいは合意の双方は停止するその他の状況を約束します。
  合意の双方は約束することができて、権利人が合意に背いて正当な理由に補償金を遅滞するように支払いますかますなくありませんことを約束して、あるいは権利人は法に反して、違約して関連要員の契約のを解除してと、競業は合意が自分で停止することを制限します。
  第17条は下記が技術の秘密の行為を侵犯することを禁止します
:  (1)あるいはその他を窃盗して、利益で釣って、脅迫しませんちょうど手段が権利人の技術の秘密を得る時に
;  (2)公表は、他人が第(1)の手段の得る技術の秘密で使うことを使いますかます許します;
  (3)技術に背いてこっそりと秘密にする合意、契約の約束あるいは競業が合意を制限して、公表は、他人がその掌握した技術の秘密を使うことを使いますかます許します
;  (4)はっきり知っていて第(1)、第(2)あるいは第(3)の項が違法行為を並べたのためあるいは公表する他人の技術の秘密を得ると得て、使いますかます公表します。
  第18条は権利人の技術の秘密を侵犯して、損害のをもたらして、損害を賠償するべきで、そして法律に基いてその他の民事の責任を引き受けます。
  第19人の当事者が技術の秘密に対して損なって額を弁償します約束のがあって、弁償することを約束しますによって;約束していないでの、協議して確定することができます;協議することができないでの、権利を侵す人ができますに下記の方式の1つによって計算されて額を弁償しま
す:  (1)権利侵害所の受ける実際に計算に損害を受けられるため押します
;  (2)権利侵害人の得る不法な所得およびによって権利侵害人の行う関連している法律的行為の支出した費用の総計に計算されます。
  行為を侵害して技術の秘密が完全に公であることをもたらすため、この技術の秘密の全部の価値量によって弁償するべきです。技術の秘密の全部の価値量、相応の素質の無形資産の評価機関を持ちますから評定します。
  第20条は当方法の第17条の決まりに背いて、権利人の技術を侵犯するのは秘密で、商工業行政管理部門は行為人に違法行為、返還の権利人を停止して技術の秘密の関連資料を積載して、販売の使用権の他人の利益を図る技術の秘密の生産の製品を停止するように責任を課するべきで、そして《中華人民共和国の不正競争禁止法》関連規定によって罰金を処罰します。
  国家機関の公務員は当方法の第17条の決まりに背いて、権利人の技術を侵犯するのは秘密で、前金によって規定の処罰する以外、また法律に基いて懲戒処分を与えるべきです。
  第二十一条は技術の秘密を侵犯して、犯罪のを構成して、法律に基いて刑事責任を問います。
  第22条の技術の秘密の内容は国内外のメディアの上で公表して、あるいは国内の公然と使われますに、この技術ですと見なしてこっそりとすでに公にしました。。

神奈川 求人
千葉 求人
仙台 求人
仙台市
埼玉 求人
愛知 求人
職安 求人情報
ハローワーク 求人情報
posted by あたし、あなた、あの人 at 14:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。