2008年08月07日

ビールの発祥

米国ウイスコンシン州はドイツをまねて、米国でまず労働災害の賠償法を公布しました。1949年まで、米国の所有する州はすべて労働災害の賠償法を公布しました。これらの法律は皆雇い主あるいは従業員の過失を考慮しないことを基礎にして、仕事の中で傷を受ける労働者の弁償を、労働者の医療の費用と給与収入の損失を含んで雇い主の責任とします。妥協の一部として、労働者が労働災害があるいは職業病を患うのため雇い主の権利を起訴することを放棄するべきなことをも定めます。
労働災害の賠償法によって、労働者の獲得する経済は弁償して2種類に分けます
第1種類、現金は弁償します。病気になるのため労働者の減らす給与収入を償うことに用います。普通は毎週ために支払って、金額はこの労働者の傷病の時周の平均する給料の3分の2より少なくありません。労働災害のため長期にわたり完全に労働力を喪失する者、現金は第一主義人の給料の3分の2を弁償して、一生支払うため期限を弁償します。長期の部分の労働力を喪失する者、治療する時しばらく完全に労働力の現金を喪失して弁償を得ることができて、遺族も現金の手当を得ることができます。今、大多数の州の現金の弁償金額はすべてチョンチュの労働者の平均する給料の増加と消費の物価指数によって自ら調整します。
第2種類、医療費の補助。最初の労働災害の賠償法はすべて傷病の医療費の補助を定めてなくて、しかし今各州の労働災害の賠償法が皆規定の全部の医療の費用を支払って、医療費は支払いを補助してすでに労働災害の賠償金の歳出の3分の1つを占めました。
米国の所有する州は皆雇い主に1種下記の保険の方式の中を選ぶように求めて、労働災害の賠償法の決まりを守ります:
商業の保険会社を私営でつきあって買います。労働災害の保険あるいは雇い主の責任保険は保険者と雇い主の双方から保険契約を締結しますが、しかし福利を支払う時、保険者は直接労働者に対して責任を負います。そのため、後でたとえ雇い主はある理由で停止しますとしても、傷を受ける労働者の福利は依然として保障を得ることができます。
州の基金あるいはから保険会社を私営でつきあって買います。米国で13の州を共有して、州の基金は保険会社を私営と共存して、相互の競争、雇い主は権力(権利)があって選んで保険会社あるいは州の基金を私営ですに労働災害の保険に保険をかけます。
独占の州の基金に買います。米国は独占の州の基金がある7つの州が共有します。これらの州の中で、保険会社を私営で労働災害の保険を経営することを許しません。
自家保険をかけます。圧倒的部分の州で、雇い主は自家保険をかけますを通じて(通って)労働災害の賠償法の決まりを守りにくることができます。
ここ数年来、米国のいくつか大会社は労働災害に対してリスクを弁償して自家保険をかける一部を行ってあるいはすべて日増しに増大します。いくつかは多い従業員の大企業を持ってよく企業の内で労働災害を創立して基金を弁償して、自家保険をかける方式を通じて(通って)、リスクに転嫁します。甚だしきに至ってはいくつか中小企業も団体の自家保険をかける方式を採用します。もちろん、自家保険をかけて州の労働災害を通じて(通って)必ず管理局の許可と監督を弁償しなければなりません。
ある大会社が労働災害を実施して自家保険をかけて計画したことを弁償しました後に、労働災害が損害を賠償してよく比較的にできる前に減らします。しかし、自家保険をかけるのはたくさんの中小の会社にとって決して利点がない。そのためみごとに自家保険をかけるその労働災害はリスクを弁償することができるかどうか、下記の多方面の要素にかかって、会社の規模の大きさ、雇用人人数の安定性、税収の影響は例えば、リスクに管理サービスを提供することができるかどうか。だから、いくつか実行の自家保険をかける計画の会社、よく労働災害を決してリスクに弁償してすべて個人で保有しなくて、特に大きい災害の隠れた危険の会社があって、更にこのようで、彼らはいつも自家保険をかける計画の基礎の上でその他に労働災害を超過して保険を弁償することを買います。
経理 求人
未経験 求人
経理
会計
ラベル:ビール 発祥
posted by あたし、あなた、あの人 at 14:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。